「ことわざ」の記事一覧

七転び八起きの意味は苦しいときこそ思い出したいもの

口で言うのはカンタン、だけどやるのは大変、 しかしできれば不可能はなくなるのでは?  ということわざだと思います。 七転び八起き(ななころびやおき) 「ころんでおきる」という なんか幼稚園児に言っているような言葉ですが、・・・

天上天下唯我独尊の本当の意味と読み方、つい誤用しそうですが…

これは誤用されているのを通りこして すでに本当の意味がよく分からなくなっている感じすらあります。 天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん) よく分からないとはいえ、少なくとも、 よく言われる自己中心的で傲慢な意・・・

歳月人を待たずの意味、しっかり考えると生活の質がよくなりそう

これもまた、ちょくちょく聞いたり 見たりすることわざではないでしょうか。 歳月人を待たず(さいげつひとをまたず) なんか説教くさいというか、 マジメな人が「勉強しろ努力しろ」 という使い方をするイメージがありますね。 し・・・

急がば回れの由来と語源はあの大きな湖

前の記事で述べていた 急がば回れ とてもよく知られていますし、 意味も分かりやすいため、 使うことや耳にすることも多いでしょう。 単純なことを言っていることわざなので、 はっきりとした由来なんてないんじゃないの? と思い・・・

鉄は熱いうちに打てとはこんな意味で使い方もいろいろ

なかなか力強い印象のある言葉です。 鉄は熱いうちに打て(てつはあついうちにうて) だいじな場面でバーンと使ってもかっこいいですし、 日常のちょっとしたことに冗談で言うのも面白そうです。 けっこう幅広く使えそうなことわざで・・・

失敗は成功のもとの意味は簡単だけどココには注意

これはことわざとしては、 もっとも有名なもののひとつですね。 失敗は成功のもと(しっぱいはせいこうのもと) 生きていくと、耳にすることも多いですし 使うことも多いでしょう。 いや、多いでしょうって、じゃあ 「おまえはそん・・・

天は自ら助くる者を助くの意味と読み方、本当にそんなことがあるのか

これもまた、 誤解されることが多いことわざでしょう。 天は自ら助くる者を助く (てんはみずからたすくるものをたすく) 意味、というか解釈の仕方も 誤解されやすいですし、 読み方も、間違われやすそうです。 そこで、 「天が・・・

人事を尽くして天命を待つにはこんな深い意味があります

これは、好き嫌いが別れそうですが、 私はよいことわざだと思います。 人事を尽くして天命を待つ (じんじをつくしててんめいをまつ) ちょっと聞いただけでは 何を言いたいのか分かりにくいですが、 よく考えると奥が深い、スルメ・・・

少年老い易く学成り難しはそんなに暗い意味のことわざじゃない!

これは見ようによっては けっこうコワイコワイ! ということわざです。 少年老い易く学成り難し (しょうねんおいやすくがくなりがたし) 私のようなのんびりした人間には ドキー! とくるのですが、 おそれてばかりいてもしょう・・・

馬の耳に念仏の類語が大量に見つかったのでまとめました

いくらありがたいことを聞かせても まるで効き目がないという慣用句、 馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ) この言葉の類語がたくさんあって 調べればあとからあとから出てきます。 「話を聞いてもらえねー!」 「良いものなのに・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ