「2017年6月」の記事一覧

七転び八起きの意味は苦しいときこそ思い出したいもの

口で言うのはカンタン、だけどやるのは大変、 しかしできれば不可能はなくなるのでは?  ということわざだと思います。 七転び八起き(ななころびやおき) 「ころんでおきる」という なんか幼稚園児に言っているような言葉ですが、・・・

天上天下唯我独尊の本当の意味と読み方、つい誤用しそうですが…

これは誤用されているのを通りこして すでに本当の意味がよく分からなくなっている感じすらあります。 天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん) よく分からないとはいえ、少なくとも、 よく言われる自己中心的で傲慢な意・・・

歳月人を待たずの意味、しっかり考えると生活の質がよくなりそう

これもまた、ちょくちょく聞いたり 見たりすることわざではないでしょうか。 歳月人を待たず(さいげつひとをまたず) なんか説教くさいというか、 マジメな人が「勉強しろ努力しろ」 という使い方をするイメージがありますね。 し・・・

苦汁をなめるや苦汁を飲むとは?「苦渋」との違いについても

とても悔しいとき、 その気持ちをあらわすのにふさわしいですね。 苦汁(くじゅう) 正直なところ、まったく使いたい言葉ではありませんが、 使うような状況になることもありますからね。 しょうがないです。 この言葉、これだけで・・・

苦渋の決断や苦渋の選択の意味、時には必要なことも

こんな言葉、好きという人は いないでしょうけれでも、 人生において、幾度かは経験するでしょう。 苦渋(くじゅう) 苦渋の決断とか、苦渋の選択とかいいますね。 今回はこの、 「生きていくことって大変」 というのがにじみ出る・・・

痛恨の極みや痛恨のミスの意味、こんな言葉をつかうのはなぜ?

これは、できれば使わずに過ごしたい言葉ですね。 痛恨の極み(つうこんのきわみ) 痛恨のミス(つうこんのミス) しかし、いざそういう状況になれば、 思わず口から出てしまう言葉でもあります。 それはどういう状況で、痛恨とはど・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ