癪に障る(しゃくにさわる)の意味とそんな時どうすればいいか

使う機会は多いといばそうですが、 やや古風な言い回しにも思えます。 癪に障る(しゃくにさわる) それでもよく聞く慣用句ですし、 よく見ると使われている漢字が ちょっと謎ですね。 それに、知っていると ちょっといい言葉にも・・・

一網打尽(いちもうだじん)の意味はやっつけることではない?

おっしゃー、という かけ声とともに使いたい言葉、 一網打尽(いちもうだじん) しかし、じっさいには使う場面って 意外とないですね。 ただ、聞くことは多い慣用句です。 この言葉の意味と、由来についてです。

どんぐりの背比べの意味と類語の五十歩百歩との違いなど

雰囲気はかわいいですが、 この言葉、あんまり いい意味ではありません。 どんぐりの背比べ (どんぐりのせいくらべ) しかも間違った場面で うっかり使いそうになります。 文字だけ見ると、 おとぎ話みたいで楽しげですが、 ち・・・

切磋琢磨とはどんな意味かちゃんと知れば好きな言葉になりそう

これは、好きな人ときらいな人が、 きれいに分かれそうな言葉です。 切磋琢磨(せっさたくま) 私はどっちかな・・・。 ただ、どちらにしても 大切なことには違いありませんので、 この慣用句の意味、 また由来などについてものべ・・・

窮鼠猫を噛むとは意味を知っても使い方がむつかしいことわざ

冗談かギャグのようにも 考えられそうですが、まじめなことわざです。 窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ) 文字だけ見ると、 漢字がギュウギュウにつまってるものの、 意味は特にむつかしくはありません。 どちらかというと 戒め・・・

暑さ寒さも彼岸までの意味といつまでなのか本当なのかについて

毎年3月と9月になると なんとなく耳にする言葉ですね。 暑さ寒さも彼岸まで(あつささむさもひがんまで) 手紙でも使われるので、 時候の挨拶のイメージがあるかもしれません。 しかし、なにげない使い方をしていると、 ある日と・・・

後の祭りの意味や語源と使い方により良い言葉になることについて

これは良く使われる言葉ですね。 後の祭り(あとのまつり) 良く使われるというか、 使いたくなんかはぜんぜんないのですけど、 結局こうなってしまうことはあります。 でもこの言葉「なんで祭りなの」とか ちょっと気になったりも・・・

五里霧中の意味と例文、困ったら試しに言ってみるといい言葉かも

いろいろあって わけが分からなくなったとき 思わず言ってしまう言葉です。 五里霧中(ごりむちゅう) はた目には面白かったりすることもありますが、 本人は大変ですから、面白がってはいけませんね。 この言葉の意味についてと、・・・

事実は小説より奇なりの意味とそんなことがあるのかについて

この言葉を見ると 世の中を見る目が、すこし変わるような気がします。 事実は小説よりも奇なり(じじつはしょうせつよりもきなり) ちょっと説明できないようなこと、 不思議な偶然にでくわしたときなどに 思わず言ってしまう言葉で・・・

水と油の関係とはどんな意味かとこの慣用句を使うメリット

あんまりこの言葉を使いたくはないものですが、 時にはあります。人間ですから。 水と油(みずとあぶら) 分かりやすい慣用句だとは思いますが 意味をとりちがえやすくもあるので おかしな使い方にならないように注意がいります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ