苦しいときやいざというときに力になることわざと慣用句

大変なとき

なにごとも順調にいけばいいのですが、 生きていれば苦しい時期というのは どうしてもあるもの。 これはしょうがないですし、 あとからだと「あれも良い思い出だ」 となることもありますが、 つらい時期というのは 無限につづくト・・・

鶏鳴狗盗(けいめいくとう)の意味と由来のおもしろい話

鶏鳴狗盗(けいめいくとう)

あまり使わないかもしれませんが、 考えようによっては なかなか面白い言葉でしょう。 鶏鳴狗盗(けいめいくとう) 慣用句としては「くだらないなあ」 と思うかもしれません。 しかし、そこに含まれている考えは興味深く ことわざ・・・

一挙両得とはどんな意味で対義語との両立はどうするべきか

一挙両得(いっきょりょうとく)

ちゃっかりしているとも言えますが、 大切なことかもしれません。 一挙両得(いっきょりょうとく) 私はこの慣用句、わりと好きですね。 まあ意味から考えると たいていの人は好きなことだとは思いますが。 今回はこの言葉について・・・

癪に障る(しゃくにさわる)の意味とそんな時どうすればいいか

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

使う機会は多いといばそうですが、 やや古風な言い回しにも思えます。 癪に障る(しゃくにさわる) それでもよく聞く慣用句ですし、 よく見ると使われている漢字が ちょっと謎ですね。 それに、知っていると ちょっといい言葉にも・・・

一網打尽(いちもうだじん)の意味はやっつけることではない?

一網打尽(いちもうだじん)

おっしゃー、という かけ声とともに使いたい言葉、 一網打尽(いちもうだじん) しかし、じっさいには使う場面って 意外とないですね。 ただ、聞くことは多い慣用句です。 この言葉の意味と、由来についてです。

どんぐりの背比べの意味と類語の五十歩百歩との違いなど

どんぐりの背比べ(どんぐりのせいくらべ)

雰囲気はかわいいですが、 この言葉、あんまり いい意味ではありません。 どんぐりの背比べ (どんぐりのせいくらべ) しかも間違った場面で うっかり使いそうになります。 文字だけ見ると、 おとぎ話みたいで楽しげですが、 ち・・・

切磋琢磨とはどんな意味かちゃんと知れば好きな言葉になりそう

切磋琢磨(せっさたくま)

これは、好きな人ときらいな人が、 きれいに分かれそうな言葉です。 切磋琢磨(せっさたくま) 私はどっちかな・・・。 ただ、どちらにしても 大切なことには違いありませんので、 この慣用句の意味、 また由来などについてものべ・・・

窮鼠猫を噛むとは意味を知っても使い方がむつかしいことわざ

窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

冗談かギャグのようにも 考えられそうですが、まじめなことわざです。 窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ) 文字だけ見ると、 漢字がギュウギュウにつまってるものの、 意味は特にむつかしくはありません。 どちらかというと 戒め・・・

暑さ寒さも彼岸までの意味といつまでなのか本当なのかについて

暑さ寒さも彼岸まで

毎年3月と9月になると なんとなく耳にする言葉ですね。 暑さ寒さも彼岸まで(あつささむさもひがんまで) 手紙でも使われるので、 時候の挨拶のイメージがあるかもしれません。 しかし、なにげない使い方をしていると、 ある日と・・・

後の祭りの意味や語源と使い方により良い言葉になることについて

後の祭り(あとのまつり)

これは良く使われる言葉ですね。 後の祭り(あとのまつり) 良く使われるというか、 使いたくなんかはぜんぜんないのですけど、 結局こうなってしまうことはあります。 でもこの言葉「なんで祭りなの」とか ちょっと気になったりも・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ