転ばぬ先の杖の意味、この大切なことわざの使い方と類義語たち

転ばぬ先の杖

わたしたちの生活に とても慣れ親しんでいることわざですね。 転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ) 大切なことでありながら、 つい、するっと忘れてしまうことなので、 ふだんからことわざとして使われるのでしょう。 だれかを説得・・・

人の振り見て我が振り直せの意味、なぜこんなにも言われるのか

人の振り見て我が振り直せ

とてもよく使われることわざです。 しかし、なかなかむつかしいことでもあります。 人の振り見て我が振り直せ(ひとのふりみてわがふりなおせ) 「あの人は陰口を言ってよくないね!」 と陰口を言ってしまうようなら、 このことわざ・・・

あなたは大丈夫?誤用しやすいことわざや慣用句

思わぬトラブルが起きた

「これも誤用だったのか!」 世の中のことわざや慣用句は 想像以上にまちがって広まっているようです。 「景色が圧巻? あの新人は言葉の意味をよく知らないようだな。どれ、わしがちょっと教えてやろう」 「部長がそんな基本的な教・・・

檄を飛ばす(げきをとばす)の意味は誤用されやすいが、かっこいい

檄を飛ばす

テレビのニュースなどで耳にしますが、 誤用されやすい言葉です。 檄を飛ばす(げきをとばす) たしかに文字から意味を推測することも出来ないですし、 よく見ると漢字もよく分かりません。 これじゃ間違うのも無理がないですね。 ・・・

雄弁は銀沈黙は金の意味、結局どっちが大事でどっちが先なのか

雄弁は銀沈黙は金

これは好きなことわざのひとつです。 雄弁は銀沈黙は金(ゆうべんはぎんちんもくはきん) 順を逆にして沈黙は金雄弁は銀ともいいますね。 「お前はだまっとれ!」みたいな使い方をされそうですが、 もちろんそんな単純な意味のことわ・・・

右往左往するとは大勢の意味なの?由来や類語はあるかについても

右往左往

深刻でたいへんな事態から ちょっとばかばかしい場面まで、ひとはとにかく慌てやすいもの。 そんな時にでてくる言葉です。 右往左往(うおうさおう) なんとなく文章の前後のから 意味を推測できる言葉でもあるのですが この右往左・・・

一喜一憂の意味と使い方、なんで良くないことなの?

一喜一憂

必ずしも悪いわけではないでしょうけれども、 たいていは、まあ、あんまり良くない意味で使われますね。 一喜一憂(いっきいちゆう) なかにはこれが悩み、という人もいますし、 「一喜一憂するんじゃない!」 みたいな使い方をされ・・・

三日坊主とは?意味は有名でも語源や由来は知られていない

三日坊主

ものごとを続けるのが苦手な人には、なかなか克服が大変なものです。 三日坊主(みっかぼうず) よく聞く言葉ですし、意味も知っている人も多いかと思います。 ただ、じいいっと見ていると 「なんで坊主?」 という疑問が出てきます・・・

肝に銘じるの意味は知ると役立つ、ただし「肝に命じる」は間違い

なかなか響きに重みがありますね。 おなかにずしんと来る言葉です。 肝に銘じる(きもにめいじる) いざ! ガツンと気合を入れるときに使える慣用句です。 …あとガツンと叱られたときにも使えます。 この言葉の意味について、 あ・・・

口は災いの元(くちはわざわいのもと)の意味、もし痛感したら

こちらは、かなり有名なことわざですね。 口は災いの元(くちはわざわいのもと) これの意味について、どのような教訓があるか、 そしてこのことわざは 「口は災いのもととはよく言ったもの…」 と非常につらい思いをすることが多い・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ