後悔先に立たずの意味と「後悔」しないためにできること

これはとても大切なことでありながら いざ失敗したとなると、 ひじょうに忘れやすいことでもあります。 後悔先に立たず(こうかいさきにたたず) これが完璧にできれば それだけで人生無敵なんじゃないかと思うくらいですが なかな・・・

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと「袈裟」について、気をつけることは?

とんだとばっちり、 という状況のことわざです。 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い(ぼうずにくけりゃけさまでにくい) 世の中には理不尽なことがあったり ときには自分自身が そういったことをやってしまいそうになりますが これもそうい・・・

善は急げの意味、反対のことわざもあるけどやっぱり大切

とくいな人には簡単だけど にがてな人には大変むつかしいことですね。 善は急げ(ぜんはいそげ) ちなみに私は苦手なほう。 でもこれは、時としてとても大切なことになるので 得意とか苦手とかいわずに 肝に銘じておくといいでしょ・・・

暖簾に腕押しの意味、「のれん」「腕押し」って何?

なんとなく、 疲れて脱力してしまう言葉です。 暖簾に腕押し(のれんにうでおし) 言葉の雰囲気が独特ですね。 ノレンニウデオシ 急に誰かに言われると 意味が分からずイライラしそうですが 知ったところで、やはりイライラしそう・・・

能ある鷹は爪を隠すの意味は本当に大事なのか、注意すること

このことわざを使われると なんだかすごい人! という印象になります。 能ある鷹は爪を隠す(のうあるたかはつめをかくす) どっちかというと人に言ってもらいたい言葉かもしれませんが、 座右の銘として、自分自身で使うことも出来・・・

目も当てられないの意味と使い方で注意しておくべきこと

目も当てられない

「あちゃー……」 というセリフがにあいそうな慣用句です。 目も当てられない(めもあてられない) 日常のちょっとした出来事から たいへんな災害や事故など、 はばひろく使うことのある言葉ですね。 とくにむつかしい意味ではない・・・

転ばぬ先の杖の意味、この大切なことわざの使い方と類義語たち

転ばぬ先の杖

わたしたちの生活に とても慣れ親しんでいることわざですね。 転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ) 大切なことでありながら、 つい、するっと忘れてしまうことなので、 ふだんからことわざとして使われるのでしょう。 だれかを説得・・・

人の振り見て我が振り直せの意味、なぜこんなにも言われるのか

人の振り見て我が振り直せ

とてもよく使われることわざです。 しかし、なかなかむつかしいことでもあります。 人の振り見て我が振り直せ(ひとのふりみてわがふりなおせ) 「あの人は陰口を言ってよくないね!」 と陰口を言ってしまうようなら、 このことわざ・・・

あなたは大丈夫?誤用しやすいことわざや慣用句

思わぬトラブルが起きた

「これも誤用だったのか!」 世の中のことわざや慣用句は 想像以上にまちがって広まっているようです。 「景色が圧巻? あの新人は言葉の意味をよく知らないようだな。どれ、わしがちょっと教えてやろう」 「部長がそんな基本的な教・・・

檄を飛ばす(げきをとばす)の意味は誤用されやすいが、かっこいい

檄を飛ばす

テレビのニュースなどで耳にしますが、 誤用されやすい言葉です。 檄を飛ばす(げきをとばす) たしかに文字から意味を推測することも出来ないですし、 よく見ると漢字もよく分かりません。 これじゃ間違うのも無理がないですね。 ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ