切磋琢磨とはどんな意味かちゃんと知れば好きな言葉になりそう

切磋琢磨(せっさたくま)

これは、好きな人ときらいな人が、 きれいに分かれそうな言葉です。 切磋琢磨(せっさたくま) 私はどっちかな・・・。 ただ、どちらにしても 大切なことには違いありませんので、 この慣用句の意味、 また由来などについてものべ・・・

窮鼠猫を噛むとは意味を知っても使い方がむつかしいことわざ

窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)

冗談かギャグのようにも 考えられそうですが、まじめなことわざです。 窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ) 文字だけ見ると、 漢字がギュウギュウにつまってるものの、 意味は特にむつかしくはありません。 どちらかというと 戒め・・・

暑さ寒さも彼岸までの意味といつまでなのか本当なのかについて

暑さ寒さも彼岸まで

毎年3月と9月になると なんとなく耳にする言葉ですね。 暑さ寒さも彼岸まで(あつささむさもひがんまで) 手紙でも使われるので、 時候の挨拶のイメージがあるかもしれません。 しかし、なにげない使い方をしていると、 ある日と・・・

後の祭りの意味や語源と使い方により良い言葉になることについて

後の祭り(あとのまつり)

これは良く使われる言葉ですね。 後の祭り(あとのまつり) 良く使われるというか、 使いたくなんかはぜんぜんないのですけど、 結局こうなってしまうことはあります。 でもこの言葉「なんで祭りなの」とか ちょっと気になったりも・・・

五里霧中の意味と例文、困ったら試しに言ってみるといい言葉かも

五里霧中(ごりむちゅう)

いろいろあって わけが分からなくなったとき 思わず言ってしまう言葉です。 五里霧中(ごりむちゅう) はた目には面白かったりすることもありますが、 本人は大変ですから、面白がってはいけませんね。 この言葉の意味についてと、・・・

事実は小説より奇なりの意味とそんなことがあるのかについて

事実は小説よりも奇なり

この言葉を見ると 世の中を見る目が、すこし変わるような気がします。 事実は小説よりも奇なり(じじつはしょうせつよりもきなり) ちょっと説明できないようなこと、 不思議な偶然にでくわしたときなどに 思わず言ってしまう言葉で・・・

水と油の関係とはどんな意味かとこの慣用句を使うメリット

水と油(みずとあぶら)

あんまりこの言葉を使いたくはないものですが、 時にはあります。人間ですから。 水と油(みずとあぶら) 分かりやすい慣用句だとは思いますが 意味をとりちがえやすくもあるので おかしな使い方にならないように注意がいります。

大義名分の意味は使い方次第でよくも悪くもなりそう

大義名分(たいぎめいぶん)

これはちょっと複雑な使い方をされている言葉ですね。 大義名分(たいぎめいぶん) 歴史ものの話やニュースなどでも 耳にすることのある言葉ですが、 いったい、良いことなのか悪いことなのか いまいちはっきりしません。 本来どん・・・

逆鱗に触れるの意味をくわしく。気をつけないといけないこと

逆鱗に触れる(げきりんにふれる)

これは、ぱっと見て意味が分かるような、 でもよく見ると不思議な漢字の組み合わせですね。 逆鱗に触れる(げきりんにふれる) さかさのうろこ。 わりと耳にする慣用句なので、 意味を知っている人も多いかもしれませんが、 なんで・・・

一寸の虫にも五分の魂の意味は弱い立場でも強い立場でも大切

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

弱いものが強いものに立ち向かう、 というのは、物語などでよくありますが、 これもそれと関係してそうですね。 一寸の虫にも五分の魂 (いっすんのむしにもごぶのたましい) 分かりやすいことわざだと思いますが、 「虫」が出てく・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ