的を射るの意味と、「的を得る」が本当に間違いなのかについて

ことわざ、慣用句で
誤用されていたりするものは多いですが
とりわけ複雑なことになっているのが

的を射る(まとをいる)


これは、ご存知の人も多いですが
的を得る(まとをえる)と言う人も多く、
これが正しいのか議論になっているほどです。



そこで、この慣用句についての意味と
なぜふたつの言い方ができてしまったのか
まとめてみました。

スポンサーリンク


まずは意味について


的を射る(まとをいる)とは
ものごとを正確に、要点をついているということです。



いつも納得のいくことを分かりやすく
話してくれる人がいますが、そういったときに
「○○さんは、いつも的を射ることを言うなあ」
とか、

話し合いのときに
するどい意見を言った人がいたら
「彼の言うことは的を射ている」
というように使います。


ようは
的のど真ん中をズバリとつらぬくような
正確なこと、という意味ですね。

ここまでは問題ないと思いますし、
特に分かりにくいこともないでしょう。

問題はここから。


「的を得る」は間違いなのか


この慣用句について議論になるのは
その意味についてよりも
「的を得る(まとをえる)」という言い方が
正しいのか間違いなのかについてです。



的を射る(まとをいる)というのは
じっさいに口に出してみると分かりますが
なんとなく、舌をかみそうで言いにくいです。

そのためか、この慣用句を
「的を得る」という人が、とても多いです。
(もしくは「当を得る」という言葉と
混同されていると考える人もいます)


これについては、
「的とは射るものであり、
得る(手に入れる)ものではない」

という考えが広まっていて、

これがとても説得力があるためか、
「的を得る」は誤用とされることが多いです。


ただ、古風な言い回しだと
射ることを「得る」という場合もあり、
必ずしも間違いとは言えないのです。



例として、同じ意味である中国由来の慣用句として
「正鵠を得る(せいこくをえる)」
(正鵠とは的の真ん中の点)

というものがあります。

※コメントでご指摘をいただきました。
中国での言い方だと「正鵠を失わず」でした。
「正鵠を得る」という言い方は、そこまで古くないようです。
くわしくはコメント欄をごらんくださいませ。


スポンサーリンク


結局どうすればいい?


どちらの言い方も
間違いとは言えないのですが
辞書に確実に載っているのは
いまのところ「的を射る」のほうです。



的を得るだって同じ意味ですし
むしろこちらのほうが
先にできた言い方とする考えもありますが、

間違いという考え方が広まってしまっているので、
「その言い方は違う、もの知らずめ」
なんて言われかねないですし、

これに反論して
「いーや! 的を得るも正しい言い方だ!」
と主張して辞書をひいても載っていない

なんてことにもなりかねません。


なので、特に漢語由来にこだわりがない限り、
「的を射る」といったほうが間違いないでしょう。

(こちらもコメントでご指摘いただきました。
「的を得る」という言い方は、中国由来ではありませんでした)


いっぽうで、
「的を得る」という人がいても
鬼の首を取ったように
「それは間違いだ!」
と得意になって指摘しないほうがいいですね。



基本的には自分はなるべく正しい知識をつけておき、
他人が話す言葉にはそこまでキッチリとこだわらず
ふんわりと聞き流すくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。

とくにこの「的を射る」に関しては
いろいろな説が飛び交っており、
正確なところがはっきりとしていないです。


どちらが正しいかについて
あれこれ辞書を調べました。
「的を得る」が辞書に載っている!?あちこち調べた結果

同じ言葉をいろんな辞書で調べると
意外と解釈が違うので面白いですね。


※2016/10/8追記
いただいたコメントをもとに情報を再確認し、
記事を一部修正させていただきました。

このブログは正しい日本語の使い方を
大事にしたいと考えていますので
こういった指摘をしていただけるコメントは大歓迎です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク

6 Responses to “的を射るの意味と、「的を得る」が本当に間違いなのかについて”

  1. 重光 より:

    正鵠を得る(せいこくをえる)は、明治時代にできた言葉です。
    古文を読んでも、得るを射ると同じ(もしくは的の中心に当たった)意味で捉えることはありません。
    射るは当てる意味を持っています。平家物語の原文を読んでも明らかだと思います。
    「正鵠を得る」は「正鵠を失わず」から来ています。
    失うの反対は得るだという考えから生まれたようです。
    しかし中国語を中心に考えるのならば、矢に関係する「失」の反対は「中」です。得るわけではない。中国語辞典で「得」をひいても、当たるという意味は出てきません。

    • みずしま より:

      コメントありがとうございます。

      その通りですね、
      たしかに「正鵠を得る」は載っていませんでした。
      記事を修正させていただきました。

      >しかし中国語を中心に考えるのならば、矢に関係する「失」の反対は「中」です。得るわけではない。中国語辞典で「得」をひいても、当たるという意味は出てきません。

      なるほど、それならば
      「的を得る」を中国由来の言い方と考えるのは
      無理がありますね。

      ご指摘ありがというございます。

  2. とおりすがり より:

    「的を得る」で決着がついています。

    そもそも誤用として三省堂国語辞典で1982年あたりで辞書に掲載されました。
    しかしそれから30年ほどたって第7版では再検証した結果、「的を得る」は「的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。「当を得る・要領を得る・時宜を得る」と同様、「得る」は「うまく捉える」の意だと結論しました。と謝罪しました。
    (詳細は三省堂国語辞典第7版「得る」の項を)

  3. 同時代ゲーム より:

    はじめまして
    「的を得る」の表現について気になったもんで
    つい立ち寄ってみました

    根拠のない個人的な考えなのですが、
    古代日本語では「イ」音と「エ」音が同一であったという話から
    元々は「的を~」の後には「いる」とも「える」とも聞こえるような
    あいまいな表現がされていたのではないかな、と感じます

    「音声言語」が中心だった時代なら、大した問題では無かったのですが
    「文字言語」が主流のネットの時代だと、こういうのって非常にモヤモヤしますね

    • みずしま より:

      コメントありがとうございます。

      >「音声言語」が中心だった時代なら、大した問題では無かったのですが
      >「文字言語」が主流のネットの時代だと、こういうのって非常にモヤモヤしますね

      まさしくその通りですね。
      話すときはどちらも似ているので、それほどでもないのですが、
      文字にすると、とたんに違いを感じてしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ