断腸の思いの由来は悲しくもちょっと不可解な話

言葉の由来をたどっていくと いろいろなお話が見つかるものです。 前回の記事で紹介した 「断腸の思い」という慣用句ですが、 これは、とても昔の、 悲しいお話がもとになっている一方で、 冷静に考えると、よくわからないこともあ・・・

断腸の思いの意味、極端なたとえの慣用句は使い方がむつかしい!

たまにテレビなどで、 誰かが言っているのを聞くことがあるのが 断腸の思い(だんちょうのおもい) これを言っている人は みんな苦しそうな表情をしているのですが では断腸とはどういう意味で どんな慣用句なのか? これについて・・・

的を射るの意味と、「的を得る」が本当に間違いなのかについて

ことわざ、慣用句で 誤用されていたりするものは多いですが とりわけ複雑なことになっているのが 的を射る(まとをいる) これは、ご存知の人も多いですが 的を得る(まとをえる)と言う人も多く、 これが正しいのか議論になってい・・・

類は友を呼ぶ(るいはともをよぶ)の意味と、意外な落とし穴

今回は、おりにふれて意識するとよいことわざです。 類は友を呼ぶ(るいはともをよぶ) 「自分は仲間にめぐまれている!」 と感じられるならよいのですが そうでないなら要注意かもしれません。 このことわざの意味と 人間関係につ・・・

釈迦に説法(しゃかにせっぽう)は英語だとこんな言い方に

ことわざを翻訳するときは、直訳せずに、 その国の言語で使われている にたような意味のことわざを使うのが一般的です。 釈迦に説法も、英語での言い方が いろいろあって なかなかおもしろいです。

釈迦に説法(しゃかにせっぽう)の類語はこんなにあります!

その道にとてもくわしい人に ものを教えてしまうという、 おまぬけなことを、あらわすのが 釈迦に説法 このことわざの意味や使い方については 以前の記事でのべました。 くわしくはこちら 今回は、この釈迦に説法の類語が、 なん・・・

禍福は糾える縄の如しの意味について。ドラえもんにも使われたことわざ

ツイてないとき、うまく行かないときに じっとこらえる、というのは それが必要と分かっていても、むつかしいものです。 そんな時、ちょっとした勇気をくれるのが 禍福は糾える縄の如し (かふくはあざなえるなわのごとし) という・・・

人間万事塞翁が馬は英語だと、こんなにたくさんの意味になります

日本語のことわざを英訳する場合、 にたような意味の英語のことわざを そのまま使うものですが 人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)の場合、 もともとが中国の故事から来ているのと いろいろな解釈の仕方があるので ・・・

光陰矢の如しの意味はコレ、だんだん実感がわいてくることわざ

僕のようなのんびりした人間だと 聞いただけでおそろしくて震えそうになる言葉が 光陰矢の如し 文字通り、矢でつつかれているような そんな気分になります。天敵のようなことわざです。 できればこんな言葉の意味なんて 知らずに生・・・

泣いて馬謖を斬るの意味と使い方、こんなつらい話がもとです

これは三国志を読んだ人なら かなり印象に残るものです。 泣いて馬謖を斬る 名シーンですが、悲劇的な話なので、 ちょっとしんどくもありますね。 まあ「泣いて」とあるから そのへんは察しがつくのですが、 ではどんな意味で、ど・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ