「ことわざ」の記事一覧(2 / 5ページ)

触らぬ神に祟りなしの意味、なぜ神に触っちゃだめなのか

これは大切といえばそうですが、 一歩まちがえると、ちょっと情けない使い方にもなります。 触らぬ神に祟りなし(さわらぬかみにたたりなし) 家庭でも学校や職場でも、こういう場面はよくありますね。 ときには必要なことであり、 ・・・

言うは易く行うは難しの意味と逆用しちゃう方法について

これは、つい忘れてしまいがちで そのぶん心にぐさりと響くことわざです。 言うは易く行うは難し(いうはやすくおこなうはかたし) うっかり、でかいことを言ってしまい、 あとで恥ずかしさに顔を赤らめるような人は このことわざを・・・

河童の川流れの意味と使い方、実は誤用されることも?

とっても分かりやすく 使える場面も多く、 しかしあまり使わないことわざ。 河童の川流れ(かっぱのかわながれ) あまり使いはしないものの、 情景がちょっと変わっているので たまに使うと面白いかもしれません。 まあよく考える・・・

七転び八起きの意味は苦しいときこそ思い出したいもの

口で言うのはカンタン、だけどやるのは大変、 しかしできれば不可能はなくなるのでは?  ということわざだと思います。 七転び八起き(ななころびやおき) 「ころんでおきる」という なんか幼稚園児に言っているような言葉ですが、・・・

天上天下唯我独尊の本当の意味と読み方、つい誤用しそうですが…

これは誤用されているのを通りこして すでに本当の意味がよく分からなくなっている感じすらあります。 天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん) よく分からないとはいえ、少なくとも、 よく言われる自己中心的で傲慢な意・・・

歳月人を待たずの意味、しっかり考えると生活の質がよくなりそう

これもまた、ちょくちょく聞いたり 見たりすることわざではないでしょうか。 歳月人を待たず(さいげつひとをまたず) なんか説教くさいというか、 マジメな人が「勉強しろ努力しろ」 という使い方をするイメージがありますね。 し・・・

急がば回れの由来と語源はあの大きな湖

前の記事で述べていた 急がば回れ とてもよく知られていますし、 意味も分かりやすいため、 使うことや耳にすることも多いでしょう。 単純なことを言っていることわざなので、 はっきりとした由来なんてないんじゃないの? と思い・・・

鉄は熱いうちに打てとはこんな意味で使い方もいろいろ

なかなか力強い印象のある言葉です。 鉄は熱いうちに打て(てつはあついうちにうて) だいじな場面でバーンと使ってもかっこいいですし、 日常のちょっとしたことに冗談で言うのも面白そうです。 けっこう幅広く使えそうなことわざで・・・

失敗は成功のもとの意味は簡単だけどココには注意

これはことわざとしては、 もっとも有名なもののひとつですね。 失敗は成功のもと(しっぱいはせいこうのもと) 生きていくと、耳にすることも多いですし 使うことも多いでしょう。 いや、多いでしょうって、じゃあ 「おまえはそん・・・

天は自ら助くる者を助くの意味と読み方、本当にそんなことがあるのか

これもまた、 誤解されることが多いことわざでしょう。 天は自ら助くる者を助く (てんはみずからたすくるものをたすく) 意味、というか解釈の仕方も 誤解されやすいですし、 読み方も、間違われやすそうです。 そこで、 「天が・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ