「ことわざ」の記事一覧(3 / 4ページ)

風が吹けば桶屋が儲かるの意味と由来、こんな話なんです

その由来が面白いので 好きなことわざのひとつ、 風が吹けば桶屋が儲かる 実際の使用頻度はまずまず、 といったところでしょうが、 実生活で使うだけでなく お話ととしても楽しいです。 このことわざの意味と どういった話なのか・・・

弘法も筆の誤りと弘法にも筆の誤り、ことわざとして正しいのは?

どんな名人でも失敗することがある という意味のことわざ 弘法にも筆の誤り(こうぼうにもふでのあやまり) とても良く知られていることわざですが 「弘法も筆の誤り(こうぼうもふでのあやまり)」と 「に」を飛ばして言う人も多い・・・

猿も木から落ちるの意味は簡単だけど使い方はむつかしい

ことわざの中で 有名なもの五本の指に入りそうなのが 猿も木から落ちる 意味はすぐに分かるもので 子供のころには良く使うことわざですが 実はオトナになるにつて、 使用頻度が下がるものでもあります。 なぜなのか、また、代わり・・・

下手の考え休むに似たりの意味、間違えやすい言い方に注意

ぐずぐずと考えている人を見ると つい言いたくなる言葉、 逆に誰かに言われたら要注意なのが 下手の考え休むに似たり 一瞬なんのことか分かりませんが あまりいい意味ではなことは なんとなく分かりますね。 皮肉をこめて言うこと・・・

急がば回れの意味は忘れやすいけど忘れると大変

これも有名で、誰もが一度くらいは 聞いたことがある言葉、 そしてとても大事なことを言っております。 急がば回れ(いそがばまわれ) 意味は読んで字のごとし、ですが そのまま解釈すると 「急ぐのに、回れってどういうこと?」 ・・・

釈迦に説法の意味と使い方、恥ずかしいことにならぬように

これはウッカリするとやってしまいそうで しかもやってしまうと とても恥ずかしいことです。 釈迦に説法 仕事で新しくやってきた人に ものを教えないといけない時など 肝に銘じておく必要があるでしょう。 また、その意味から 使・・・

百聞は一見にしかず、の続きはこんなことに

「続きがあるの知っていた?」 たまに、こういったことを言われる 百聞は一見に如かず、ということわざ。 続きって何? と思ってしましそうですが これが意外といいことを言っています。 座右の銘にしていたり、 仕事を教える時に・・・

百聞は一見にしかず、の英語はこれでばっちり!

英語に訳すときに難しいのが ダジャレとことわざですが 百聞は一見に如かず、というのは 割とポピュラーな英語のことわざがあります。 もっとも、完全に同じというわけでなく 近い意味のもの、ということになりますが 有名なのは主・・・

百聞は一見にしかず(如かず)の意味と、ふたつの考え方

有名なことわざはたくさんありますが その中でもトップレベルであろうもの、 百聞は一見に如かず なんだかよく分からない 慣用句的な言い回しではなく いたってシンプルなこのことわざ、 その意味と出典、 そして現代における解釈・・・

虻蜂取らずの意味、二兎を追うよりも言いやすいかも

なんとなく語呂がいいので 一度聞くと耳に残るのですが どうもわかりにくいのが 虻蜂取らず 知らないと 「何言ってるんだ?」 となりそうですが その意味は簡単なものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ