情けは人の為ならずはふたつの意味で誤用されることわざ

多くの人が知っているけど
意味を間違って覚えている人が
とても多いのが

情けは人の為ならず


「役不足」とならんで
誤用されている言葉のツートップ
といってもいいくらいのものです。

ただ、このことわざを
座右の銘としている人もいますので

そういった人と会話をしても大丈夫なように
正しい意味を知っておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク


こういうことわざなんです


情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず)
とは、人に情けをかけると
それがめぐりめぐって自分のためにもなる

という意味です。


誰かに親切にしてあげると
トクをするのは当然その相手ですが
それだけではなくて、
それが原因で、自分もよい思いができる、

だから人に情けをかけるのは
人のためだけではなく自分のためでもあるのだよ
ということわざですね。


これが正しい意味です
そうなのですが……。


このような誤用が広まっている


2001年の文化庁の調査によれば
半数近くの人が
情けは人のためならずの意味を
間違って覚えている
とのデータがあります。


その間違っている意味というのが
「情けをかけるのは、
かえってその人のためにならない」
というもの。

現在でもこのように使っている人、
けっこういるんじゃないでしょうか。


このように解釈してしまうのは
情けはひとの為ならず、という
古めかしく分かりにくい
言い方が原因のひとつでしょう。


正直、この言葉だけを聞くと
まちがった方の意味で解釈してしまう人が
多いのもしょうがないと思います。

「情けをかけるのは人のためではなく自分のためだ」
なんてもってまわった解釈は、
普通はしないですからね。


ただ、このことわざ、現代文になおすと
「情けは人のためではない」
となります。

むつかしい文法の話は省きますが
人のためではない(=つまり自分のため)
という意味なのです。


人のためにならないという意味なら
「情けは人の為なるべからず」
ということになります。

これがもっとも多い誤用ですが
もうひとつ、次のような解釈も
ある意味誤用なのではないかと思います。

スポンサーリンク


なんで自分のためになるのか


正しい意味が分かったとしても
「じゃあなんで情けをかけるのが
自分のためになるんだよ!」

という疑問がでるかもしれません。


これについて、よく理由とされるのが
「だれかに親切にしてあげると
その人はいつか恩返ししてくれるよ」

というものです。

辞書などの例文でもたいてい、

「仕事で困っている後輩をたすけてあげて以来、
ずっと恩に感じてくれて
なにかと自分の仕事を手伝ってくれる
やはり情けは人のためならずだね」

みたいな感じでのっています。
だから人には親切にせよ、と。


でもこれっておかしいと思うんですよ。
まるで見返りを期待して親切することを
すすめているみたいじゃないですか。


そういう下心のある親切というのは
だいたい相手もつたわるものですし、
そんなこと考えながらする情けなんて
あんまり自分のためにならないです。

さきほどのように意味そのものを
間違えるのとは別に
こういった理由でこのことわざを考えるのも
誤用といってもいいんじゃないかと思います。


情けは人の為ならずとは
そんなうすっぺらい親切ではなくて

「めぐりめぐって」
つまり思いもよらないところから
自分にかえってくるということです。



さきほどの仕事の例でいきますと

ふだんから人に親切にしている

「あいつは仲間を大事にしている」と
みんなに思われる

結果、人望があつくなり
仲間とチームワークが取れているとみなされて
リーダーを任されたり昇進したりする


といったことだと思います。


なので、情けは人の為ならずというのは

「あいつにこれをしてあげたから
こういったことをしてくれて当然!」
みたいなギブアンドテイクの意味で
考えるのではなく、

「ふだんから人に親切にしていると
いつか自分のためになる」


という、自分の行動原理や座右の銘として
覚えておいたほうがいいです。


なんだか気の長い話のようですが
急がば回れといいますし
目先の利益ばかり考えないほうが
かえって得をするものです。



実際にはこういった
「いつかくる」よいことのために
情け深い人物になるというのは
なかなかむつかしいものですが、

それだからこそ
情けは人のためならずというのが
わざわざことわざとして
言われるようになったのでしょう。


反対の意味、つまり誤用されている
「情けをかけると人のためにならない」
ということわざは

情けが仇
情けも過ぎれば仇となる


などがありますので
こちらを使うといいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ